船長の谷口智樹です
船長谷口智樹イメージ
40年の経験を踏まえて、あらゆる釣りのサポートはお任せ下さい。
1966年生まれ

釣りとの出会い、実家が真珠養殖業だったので、物心付く頃(5~6歳)には真珠イカダで、釣り糸を垂らしてグレ、カワハギ、べらなど釣っていました 釣り歴で言えば約40年です。

その後小学6年生の時、友達と伝馬船で櫓をこぎながらガシ釣りへ行き、中学生の時は素潜りなどでサザエやアワビなど採ってお小遣いの足しにしていました。
当時はサザエで一キロ400円くらいと記憶しています。

釣りキチ三平の漫画の影響もあって、ルアーの存在を知って、どうしてもルアーで海の魚を釣りたくて、専用のシーバスロッドなど無く、投げ竿にロケット天秤からリーダを付けてミノーって感じで投げていました。 もちろん釣ったことはありません。バスがはやり出したのもこの頃と思いますが、友達と二人で修学旅行にコンパクトロッド持っていったのもいい思い出です。
なんせ今でも憧れの日光中禅寺湖、トラウトの聖地ですね。
ここでは竿を出すことが出来なかったのが今でも心残りです。
次は河口湖ここではバスですね。ホテルの前が河口湖とあって誰よりも早く起きて投げました。 釣れなくてもいいんです、その当時はその場所でルアーを投げることに意義が有りましたね。
当然自作ルアーでした。

20代前半はダイビングに明け暮れていましね、今でも海底の状況は想像出来ますね。 後半でまた釣り熱再発。すでにマイボートは3隻めで30代でフィッシングボート23Fを乗ってからは、海の世界が変わりましたシイラに始まり、青物ジギング、マダイのかかり釣り、いかだ釣り。 陸からの紀州釣りなどとにかく自分の船で行ける範囲の釣りは色々かじりました。 最近はアオリイカのティップランやSフォールにはまっています。

自分の経験を踏まえて、あらゆる釣りのサポートはお任せ下さい。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る